ワキの臭いの対策で最も効果があるのは手術

腋臭(ワキガ)は普通の汗臭いのとは違い腐敗臭やツンとする臭いが特徴です。本人や家族は毎日臭いを嗅ぐので臭いになれてしまうことがほとんどですが、仕事や学校、公共の場を含め周囲に迷惑をかけている場合が考えられます。
自分自身でワキの臭いをチェックする方法があります。
脱ぎたてのシャツを袋に入れます。後はお風呂で体を丁寧に洗うだけで、鼻が臭いに対してリセットされていますので袋の臭いを嗅げば自分自身の臭いが分かります。同じようなやり方で口臭チェックも可能です。
腋臭の人は耳垢が湿っていたり、服のワキの下に黄ばんだシミが付きやすい、脇毛が濃い、遺伝で発症するので親が腋臭だと発症しやすくなります。
腋臭はアポクリン腺の異常により発症します。一般的に多汗症と一緒に考える方もいますが多汗症はエクリン腺の異常で発症しています。
コミュニケーションをする上で体臭は無いに越したことはありませんので、気になる方は病院へ行くことが大切です。
腋臭の主な治療方法は塗り薬、飲み薬、ボトックス注射で臭いを抑える方法。最終手段として手術があります。
剪除法ワキをメスで開き、目視で医師がアポクリン腺を1つ1つ取り除いていく方法になります。腋臭による悩みを解決する上ではもっとも効果的ではあります。料金は30万円から50万円くらいです。医師の技術レベルが高くないとアポクリン腺を取り残してしまう事などもあり再び腋臭の臭いに悩まされてしまったり、手術痕が残ってしまう恐れがあります。
ホームページやネット上の口コミなどで病院の情報を調べるようにして置くことも大切です。
手術は怖い、費用を抑えたいなどある場合、家庭で簡単に出来る対策は毎日お風呂に入り清潔に保つことが重要です。
石鹸は弱酸性のものにしましょう。臭いを消そうと必死に力を込めて洗ってしまいそうですが、肌を傷つけたり臭いが逆に強くなるなんてこともありますので優しく丁寧に洗うようにしましょう。