重曹を使ったワキの臭い対策。

汗をかくとどうしても気になってしまうのがワキの臭いです。
ワキの臭いは、汗をかくことによって皮膚の常在菌が汗や皮脂などを分解して増殖するから発生します。
常在菌は皮膚の上には必ず存在する菌で、ワキが臭ってしまうのは汗や皮脂が出ている限り仕方がないことともいえます。
しかし、臭いが気になるという場合には、対策をする必要があります。
対策方法として安全なものを選びたいという時にオススメなのが、重曹を使ったケアです。
重曹は料理や掃除などに使うことが有名ですが、弱アルカリ性の性質があり、酸と結合すると中和されることで体臭を予防する効果を発揮します。
臭いの元になるのは酸性の成分のため、アルカリ性の重曹が中和することによって臭いを緩和するのです。また、殺菌作用もあるため常在菌の増殖を抑えることにもつながります。
重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、天然のミネラルとして昔から使われてきたものになります。環境ダメージがほとんどなくケアすることが可能です。
料理にも使われる体への害がないものですので、安心して使うことができます。
重曹を使った対策方法としては、重曹をそのまま直接脇に塗るか、小さじ1杯と水100mlをスプレー容器に入れてよく振り、消臭スプレーとしてワキに吹きかける方法が簡単に行える消臭方法です。
入浴剤代わりにお風呂に入れるのも効果的です。お湯に対して一握り程度入れることによって、酸性物質をアルカリ性物質が中和して体臭を減らすことができるようになります。
また、市販の重曹石けんを使うのも効果的です。粒子が細かく柔らかいためスクラブのように皮膚の汚れを取り除きます。
消臭スプレーなどを作るときには、ドラッグストアかスーパーなどで販売されているため、薬用グレードまたは食用グレードのものを利用します。
市販のものでは重曹が配合されている消臭クリームなども販売されているため、それらを利用することもオススメします。